永く愛される美容室とは?

長い間経営している美容室はどうして人気が続くのでしょうか? - 永く愛される美容室とは?

永く愛される美容室とは?

ujdyjdt
関係者でない人の目から見ても半端じゃない感が伝わる美容室の競争率。
場所によっては、自分が立っている場所からぐるっと見渡しただけでも3つ、5つと美容室が見え、コンビニより多かったり。
「こんなに美容室を利用する人は集まるのかね?」と心配の気持ちすらこみ上げます。

ついこの間まであったハズの店がいつの間にかなくなり、すでに新しい名前の美容室に変っている、なんてことも日常茶飯ですよね。
そんな沢山ある美容室の中、入れ替わることなく長期に渡って愛され親しまれている美容室もあります。

無くなる店と愛され続ける店。違いは一体何なのでしょうか?

カットの技術

美容室に行くからにはここは当たり前のように外せませんよね。
やっぱり、プロに切ってもらうからには、素敵な髪型にしてほしいわけです。

たまに、なんでそんな髪型になった?お母さんに切ってもらった?と思うほどおかしな髪形にされてしまう友人を見かけますが、いくらプロのスタイリストと言えど結構その差はあるというのはお客側も重々承知。
カット以外にも、パーマやカラー、コーンローやエクステの技術も同じですよね。

だから、美容院には指名があったり、担当が店を移ったら、お客さんも担当を追って店を変えてしまうんでしょうね。

商品の質

カット以外にもトリートメントやエクステなんかは技術以外にその商品の質も重要になってきますよね。
トリートメントが豊富で、お客さんの髪質に合わせたトリートメントやシャンプーなんかを豊富にそろえているところは感動します。
エクステも、質のいいものだと長期間つけてもキレイなままですが、安い質の良くないものはすぐボサボサになってしまったり・・・。

質の良さを求めて、地元の身近な所ではなくお気に入りの遠い美容室に通うというのはそんなにめずらしいことではない気がします。

店の清潔さ

髪をきれいにして気分を一新したいのに、肝心の店が汚いのではリフレッシュもくそもありません。
ホコリや髪の毛が散らばっていたり、薄汚い感じだと、せっかくの技術や商品がよくても台無しです。

きれいなお店で普段味わえない新鮮な気持ちを味わいたいものです。

ということで、店の椅子などのインテリアも「あの店のあの雰囲気を味わいたいなぁ〜!」と思い出すようなものにするといいですよね。
安っぽいと印象にも残りません。

気配り・サービス

シャンプーの時に温かいおしぼりを首にあててくれる、マッサージをしてくれる、顔にかけるタオルにアロマを垂らしてくれる・・・などのサービスをしてくれるところは嬉しいものです。
カット中に、腕が疲れないようにする為か、クッションを渡してくれる店も増えましたよね。

なんと言っても、一番はスタイリストの人間性!

なんだったら、もう上記の全てがイマイチでも(は言い過ぎかもしれませんが)覆すくらい大事なのはスタイリストの人となりそのものじゃないでしょうか?
正直、お客さんからしたら「カットの技術はよくて当たり前」ですし、ちょっと探せば腕のいい美容師は沢山いるのだってわかっています。

「カットしてもらうんだったら、あの人がいいな、あの人に会いたいな」と思ってもらえるスタイリストがどれだけ揃っているかがとても重要だと思うのです。
スタイリストからしたら、そんなところより技術で勝負したい職人魂のようなものがあるかもしれませんが、お客さんだって切ってもらう度に不快な気持ちにはなりたくありません。

末永く愛用しよう!と思ったら、あまりに辺鄙な場所で無い限りは立地とかって気にしない気がします。
そりゃあ便利な場所にあった方がいいかもしれませんが、多くても月1回とかしか行かないわけですしね。

何年も変わらず常連さんが通い続ける美容室って、こういう小さなことでも一つ一つ丁寧にこだわっている。
そういうこだわりに「お客さんに満足してもらいたい」という気持ちが見え隠れするから、永く愛されるんでしょうね。