永く愛される美容室とは?

長い間経営している美容室はどうして人気が続くのでしょうか? - こんな人がいる店に、お客さんは通いづらい!!

こんな人がいる店に、お客さんは通いづらい!!

結局は、美容室でもどんな業界でも、長く愛される店とすぐなくなる店の違いはここじゃないでしょうか。
ずばり「人」です。
あのスタイリストさんがいるから行く。あのオーナーがいいから行く。あの店長と話したいから行く。そんなもんだと思います。
ただ、なんだかお客さんとのコミュニケーションを間違っちゃってるスタッフさんも少なくないから問題です!

すんごい話しかけてくる人

中には話したい気分じゃない人、自分の事を話すのが好きじゃない人、雑誌をゆっくり読みたい人、疲れていて黙っておきたいお客さんもいるわけです。

きっと、美容師さんなりに気遣ってくれているのでしょう。
でも、話したくないお客さんは、きっと二度とそのお店には足を運びません。
いくら技術がよくても、です!

自分の話ばっかりな人

「うち○○なんですよね〜」「私、○○だと思うんです〜」など、聞いてもいないのに自分の事すごい話す人もいます。
それを、一生懸命聞いてあげるお客さん。ん?どっちがお客さんだ?

お客さんが話聞きたい人で、質問してきたんだったいいかもしれないですけどね。
美容師さん、話すのじゃなくて、聞くのが仕事ですよ!誰か教えてあげてください。

「それわかります〜!」がうざい人

何か話すたび「わかります〜!」を連発。
きっとその人は、コミュニケーションを勉強しているんだと思います。
コミュニケーションが、共感・肯定が大事、というのを知って実践しているんだと思います。

でも正直「いや君、わからないでしょ」とイラっとすることがあるんです・・・!

番外編「スタイリストがころころ変わる店」

転勤なのか、はたまたお店の子がその店に居つかない原因があるのか・・・。
それにしたって、店の人がしょっちゅう変わるんじゃ、たまったもんじゃありません。

髪質が一癖ある人って、そんな自分の髪を上手に扱ってくれるスタイリストさんを常に求めているんです。
その人が、店に行ったら辞めていた時の悲しみときたら。
お店のスタッフさん同士が仲が良くて長く続けている人が多い店って、お客さんも長く通っている気がします。

最後は人で決める

キレイでおしゃれで技術のあるスタイリストがいるお店って、探せばいくらでもあります。
その中から、最後に「あの店がいいな」ってなるのは、結局働いている人じゃないでしょうか。
美容室のスタッフさん達が楽しく働ける環境が、お客さんからも長く愛される秘訣なのかもしれません。

関連する記事